第8回選手権大会

12/18(日)は第八回選手権大会を開催しました。

選手権大会はハンディなしのガチンコ勝負で、本年度最強の”サーチウォーカー”(こんな言葉あったっけ?(笑))を決める大会で。事前の興味は、会長いわく『4連覇なるか?』だったらしいです。

コースの設定から問題の作成すべて会長の専権事項で、例年やたら難しい!!というのが感想です(笑)が、ことしもご他聞にもれず”チョウ~難関!”でした。なんせ時間内に帰って来る者なし!なんだから、、、(>_<)
そんな中、やっぱり強し!見事に四連覇達成なりました。
pc180005
今年からトロフィーに変更して、歴代の優勝者の名前を記入することにしました。(^_-)-☆重みがあっていいですね~

なお今回は横浜の大原学園の学生の方々が大勢参加していただきました。総勢26名。みんな初めての参加でしたが、競技説明を真剣に聞いていただき、飲み込みも早く9名もの方が全問正解という快挙でした。(*^_^*)
目指す電柱を探し出した時の快感をたっぷりと味わられたことと思います。次回以降もご参加いただけることを楽しみにしていますヨ(^O^)/

では、記念撮影。

%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f%e4%bf%ae%e6%ad%a3

道迷い?道間違い?

12/17(土)の山歩きは、大倉尾根~塔ノ岳~丹沢山~天王寺尾根~高畑山~宮ケ瀬のコース。全長21.5km。標準コースタイム11時間20分を8時間30分で歩く予定。日没も早いし16時には宮ケ瀬に着きたいな~。

7:25に出発して快調に飛ばすも塔ノ岳着9:40、あんまりいいペースではない?丹沢山着10:35。塔ノ岳~丹沢山間は50分。まァいいかのペースに(^_-)-☆
pc170026
ランチしたらいよいよスタート。天王寺尾根は初めてのコース。北の方向に丹沢三山を望みます。メチャクチャいい天気に恵まれた登山日和。ブナ林はいつものことながら癒されますね~。薄暗い植林地の針葉樹林帯と違い明るい日差しが楽しくなります。
塩水橋からの林道を歩いているとツーリングの自転車が頻繁に行きかいます。
dscf6100
ヤビツ峠は神奈川県では有名なヒルクライムのSPOTらしいです。頑張って~~!

青宇治橋から高畑山の方向に登り返します。ここも初めてのコースということで注意していたのですが、やっちゃいました。標識が示す方向に登ったらありゃ~見事道間違い?この山頂のどこが高畑山じゃ~(>_<)
dscf6121
事前の地図読みではトラバースを続けて高畑山へ至る、と理解していたのに標識に騙され直登してしまった~ぁ。悲しいね。おかげでかなりの回り道になってしまった。
それでも本来のトレイルに戻ることができ無事16時に宮ケ瀬に到着。結果よしですかね(~_~;)

宮ケ瀬の目的は、宮ケ瀬ダム湖で行われている”宮ヶ瀬クリスマスイルミネーション”のイベントを見る事でした。5時ライトアップで花火と共ににぎやかにスタート。結構なにぎわいでした。
hanabi_1

hanabi_2

hanabi_3

pc170047

pc170048

pc170053

pc170059

pc170078

pc170094

丹沢主脈の山々がズラリ!

12/9~11と3日間をかけて丹沢を歩いてきました。
%e4%b8%b9%e6%b2%a2%e4%b8%bb%e8%84%88

コースは西丹沢自然教室~白石峠~加入道山~大室山~犬越路(泊)~檜洞丸~同角ノ頭~大石山~ユーシンロッジ(泊)~雨山~檜岳~伊勢沢ノ頭~秦野峠~シダンゴ山~寄。3日間で30キロの行程。一日当たり10キロなのでのんびり?の山旅とシャレ込みました。(念のためにテントも担いで・・)(*^_^*)

背中には16kgのザック。途中で水を補給してプラス2kg。いつものことですが最初の登りがきつかったです(~_~;)。初日水場を過ぎてから白石峠までの登りが特に、、、
犬越路の避難小屋は今回は2人となりました。明け方に室温5度で少し寒かったです。

2日目は快晴のもと檜洞丸へ向けて。西に雲一つない富士山、富士山から南西にとつながる愛鷹連峰・箱根連山のながめを楽しみつつのんびり歩き。
途中ヤタ尾根との分岐で出会ったおねえさんは、檜洞丸にある青ヶ岳山荘をお手伝いしている方できれいな方でした(^_-)-☆。彼女いわく、『丹沢は近くにあって登りやすくていいですよね~おまけに財布に優しいし(笑)』。ナットクです。(こんど青ヶ岳山荘に遊びに行こう~(笑))

檜洞丸からの下りは同角山稜のルートを選びました。初めてのコース(上級者向けのコースとな)。圧巻は冒頭の写真にある丹沢の主脈にある山々を一望に出来る事。ザンザ洞キレットからの眺めは抜群です!!
大石山への登りではいっちょ前に鎖場があります。見上げるとちょっとした高度感。ワクワクしますね。
アップダウンのキツイこのコースはほとんど人はいなくて静かなる山行が味わえます。ブナ林が多いので紅葉の時期はいいでしょうね。

3時頃にユーシンロッジに到着したら2人連れの男性が先着されていました。明日早朝より同角山稜を経て檜洞丸へ上るそうです(私と逆のコース)。30代とのことでガンガン歩かれるのでしょうね。羨ましいことです。(*^_^*)
ちなみに今日は玄倉から林道経由で3時間をかけて歩いてきたそうです。22kgのザックを担いで。(元気~!)
その中に入っていたのは大量の食糧とお酒・・・どうぞどうぞと勧められて美味しくいただせていただきました(*^_^*)
ところで、林道ではあの”ユーシンブルー”を見られたんですって(ウラヤマシイ)。そういえば、西丹沢自然教室の方が『最近ユーシンブルーが人気で、西丹沢へ来られる方が減っているんだ』とか言われていました。私もどんなものか今度見てみたいな。

3日目はまたまた快晴!寄(やどりき)まで12kmのコースです。雨山峠~檜岳と快調に飛ばして絶好調!!縦走の良いところは初日重かったザックがドンドン軽くなり足取りも軽くなるということですね。
相模湾の眺望や箱根の山々をながめつつ足早に、シダンゴ山を目指します。
しかしシダンゴという名は変わってますね?ウェブに『飛鳥時代に、仏教を寄(やどりき)の地に伝える仙人がいて、この山の上に居住し仏教を宣揚したといわれている。この仙人を「シダゴン」と呼んだことからこの地名が起こり、「シダゴン」が転じて「シダンゴ」(震旦郷)と呼ばれるようになった。』とありました。
人の名前から付けられたのですね。この山は、標高760M程度で近いし、見晴らしもよくおまけにハイキングコースにもなっているらしく、若い方から年配の方まで大勢の方々がいらっしゃって大混雑でした。その中で目立ったのは若者のグループ。女子力が強いと料理もチョウ豪華ですね。(*^_^*)

14時半に寄バス停到着。今回も天気が良く、楽しいことづくめで最高の山行でした。また来週も出かけま~す(^O^)/
dscf5725dscf5752dscf5867dscf5912dscf5970dscf6005

港南台大会が楽しみ~

12/18(日)は港南台にて大会を開催します

年に一度の選手権大会が開催されるのです(*^_^*)。ガチンコ勝負のハンディなし!最強のサーチウォークアスリートを選ぶのです(アレ?いつからアスリートになったのかな(笑))

ところが今年は景色が一変しそう~~なんですね。
今回は大原学園の学生の方々が大挙して参加していただけるとのことで。まずにぎやかになりますね(^^♪
また大会のコースも”初級””中級””上級(選手権用)”と3タイプが用意されます。
そうなんです。いつもの年ですと選手権用のチョウ~難しいコースに全員がチャレンジしていたのですが、今回は全くの初心者は入門のコースが選択できるようになります。もちろんどなたでも好きなコースを選べます。ということは、時間を気にせずに周りの景色を楽しみながら歩くことも可能ということでもあります。

大原学園の生徒さんたちも思い思いのコースを選んで歩けるわけです。2人一組で歩いてもらおうと考えています。やっぱ初めてだと不安が大きいこともあるんで、、、

これからのサーチウォークはますます競技に広がりが出て楽しくなりそう~~
港南台大会がいまから楽しみです

みなさんのご参加もお待ちしています(^_-)-☆
「以前やってみたけれど難しかった」なんて感じた方、「一度やってみたいなぁ~、だけど」と躊躇されている方。お一人での参加はもちろん、ご家族連れやお友達と一緒での参加大歓迎です。
初冬の日差しの中でサーチウォークを楽しんでみませんか?

大会要領は コチラ をクリックしてください
集合は港南台駅改札口付近(係りがのぼりを持ってお待ちしています)
9:30までに改札口まで集合願います
会場は港南台第二小学校です。会場へはご案内します

あねさん

あねさん

檜岳へ


dscf5597
鍋割山からみた富士山。天気は快晴!
手前中央のピークが雨山(1,176ⅿ)、左奥のピークが今日の目的の檜岳(ひのきだっか)(1,167ⅿ)

さァ~今週も行くぞ~!と天気予報をみたら3日は絶好の山日和。初めての山、檜岳へ向かいます。ルートは大倉~鍋割山~檜岳のピストン。全行程23Km。標準コースタイムは11時間15分を目標9時間で。
何故”檜岳かって?”理由は鍋割山を登るときに気になっていたからです(^_-)-☆
長丁場なのでいつもの如く朝一番の電車で。大倉を7時にスタートして延々と続く西山林道を歩きます。もう下の方も紅葉はほぼ終わりですね。そんなことを感じながら鍋割山の急登を喘ぎながら登り切り9:35に到着。山頂はだれもいません。今日も富士がきれい。完璧に雪をかぶった冬の姿です。
写真を撮ったら早々に目的地に向かいます。鍋割山から檜岳へ向かうルートは”初心者注意!鎖場やヤセ尾根あり!!”とビビるような注意書きがあります(~_~;)
注意を払いながら歩きます。確かに最初の鎖場は20m位の高度差があり降りるときは注意が必要ですね。結構高度感があります。
アップダウンが続くので足にかなり疲労がたまってきます。途中シャリバテを起こしおにぎりをいただきました(笑)それでも雨山への登りはアップアップでした。11:15雨山到着。目的の檜岳へ向かいます。檜岳到着11:40。やっと着いた~。
山頂はテーブルが一つあるだけ眺望はほとんどなし。アレ~さみしい(>_<)。木々の葉が落ちた隙間から蛭ケ岳の雄姿が鬼ケ岩から不動ノ峰、丹沢山へと連なっています。

12時に出発。来たコースを戻ります。鍋割山直下の急登をのぼって鍋割りへ到着。13:50。今度は穏やかな天気の下家族連れやアベックの方々が楽しんでいました。14時下山を開始。もくもくと林道を歩き15:45無事大倉へ戻りました。
本日の所要時間8時間45分。目標達成!!やったぜビールがうまい(笑)。
今日も充実した山旅でした(*^_^*)
dscf5598dscf5604dscf5648dscf5638dscf5644dscf5656