3/25本郷台にて大会を開催しました

3.25
本郷小学校のコミュニティハウスにて大会を開催しました。

今回も大原学園の学生さんたちが参加していただきました。スタッフ参加の方を含め6名の方々です。
2回目の参加です。”サーチウォークが面白い”といっていただいての参加です。うれしいですね(*^-^*)ところが、ところが、結果をみておもわず吹き出してしまいました。2組に分かれて歩いてもらったんですが、かたや満点、かたや赤点(笑)と見事に分かれてしましました(~_~;)
きっとあまりの花見日和にウォーキングよりも見とれてしまわれたのでしょうね(*^-^*)

ホント青空一色の快晴の下の大会でした。
桜を中心に春の花が咲き乱れ歩いていて気持ちのいい一日でした。イタチ川のプロナード、公園の中、庭庭とどこを歩いても花盛りです。
楽しい一日を過ごすことができました。

2/18港南地区センター大会を開催しました。

超難関!!港南地区センター大会
18-2.18
常連の皆さんの大会になるのかな?を想定して作った今回の港南地区センター大会コース
”きっと時間内に回り切れないだろうな”と考えたAさんは”よし!120分大会にしよう!!”とその場で決断してしまいました(笑)
コースセッターとしては”せっかく作った問題だから”、”全部回ってほしい”の思いがあったみたい(それに付き合わされる参加者はかわいそう、、、、(-_-;)の意見も)
山あり谷ありの起伏の激しいコース。そこに電柱位置の推定が難しい問題がてんこ盛り。。。(まったくどういう神経で作ってるんじゃAさんは(~_~;))

しかしさすがに熟達者ぞろい。見事にクリアされての帰還が相次ぎ返り討ちにあってしまいましたね(笑)

120分ということで気持ち的には余裕ができたみたいで、じっくりと歩ける環境ができたみたいです。

優勝者の西沢さんの一言は”反時計回りで回ったのが勝因です!”
横山さんの一言は”疲れた~、、、体に堪えます(>_<)”

”毎回これだと体が壊れる~!!”というのが結論だったみたいです(笑)
みなさんお疲れ様でした。

鎌倉大会を開催しました。

kamakura
1/14は鎌倉大会でした

大原学園の学生さんたちが大勢参加されました。
鎌倉での大会ということで、やはり期待されているのは”古都鎌倉”のウォーキングですよね?!
ということでコースは鎌倉の”見どころ満載コース”を設定しました。

初級コースは小町通~鶴岡八幡宮~荏柄天神~鎌倉宮を歩きます。2人一組でルンルンで歩かれたのでは??前回報告しました鎌倉宮の河津桜も堪能されたことと思います(*^-^*)
上級コースはさらに永福寺跡(二階堂)~浄明寺~報国寺と山越えのルートとなります。かなりハードなコース設定となり時間オーバー者が続出となりました。(~_~;)

ゴールの鎌倉生涯学習センターでは”ヤッター~!!”の笑顔とコースセッターへの”恨み節”が交錯していました(笑)
天気にも恵まれ、正月の鎌倉を楽しむ観光客に紛れ開催した大会でした。

楽しかったで~す!!(*^-^*)

14日(日)は鎌倉大会です。

鎌倉大会のコース図が出来上がりました。
K女子が歩きに歩いてコースの設定をされたようです。チェックに歩いてきました。
一言でいえば”なかなかやるな~~!!”です。初級者用のエントリーコースから上級者向けのエキスパートコースまで考えられた設定となっています。
それよりも何より鎌倉の観光コースを押さえてあること。歩きながらの観光も楽しみの一つになると思います。

その一つ鎌倉宮では早くも河津桜がみごとに咲いていました。例年は一月中旬以降らしいのですが、ここのところの晴天で咲き始めたようです。
PC270022
PC270026PC270028PC270029
大会が待ち遠しくなりました(*^-^*)

明けましておめでとうございます

DSC_0185明けましておめでとうございます。

会長より年賀状が届きました。

明けましておめでとうございます。
昨年は、五月にはFMヨコハマの放送、九月には全日本レクリエーション函館大会における表彰、十二月には大船での選手権大会に電柱番号の本家”NTT神奈川”様が事業部長を筆頭に若手十五名とともに参加いただくなど大きな躍進を感じた一年でした。
本年も自身の健康に気を付けつつ、協会の発展に邁進していきます。
本年もよろしくおねがいします。

とのことです。
ご協力やご参加いただきました皆様に感謝をしつつ今年もより楽しい、より充実したサーチウォークにしていきたいと思います。
大会へのご参加をお待ちしています。

P1010136
写真は昨日の初日の出、丹沢;塔ノ岳山頂よりの光景です。風もなく快晴の空のもと房総半島方面より初日があがり、一面の霧氷に覆われた木々が光り輝いていました。富士山を赤く染めていく様も見事なものでした。